Bスポット療法士のブログ

慢性上咽頭炎とはどのような病気なのか?その治療であるBスポット療法とはどのようなものなのかをお伝えするブログ

天蓋の話 再び

天蓋(てんがい)の話 再び

f:id:mogitateentjp:20170325203137j:plain

 

 

 

直の綿棒だと上咽頭のやや上方に塩化亜鉛が塗れてるんだと思います

(ただし人の解剖はそれぞれ少し違うので…)

f:id:mogitateentjp:20170325203404j:plain

※この図は

Oropharyngeal Cancer Treatment (PDQ®)—Patient Version - National Cancer Institute

のものを一部改変しています

 

 

綿棒の先を曲げると~

f:id:mogitateentjp:20170325203709j:plain

この様にピンク色で示されている上咽頭天蓋を塗ることが出来ます

 

 

前方からだと…

 

1、直綿棒は赤で示した部位に塩化亜鉛を塗ることが出来るんだと思います

f:id:mogitateentjp:20170325204247j:plain

 

2、経口法は?

これも反射や解剖の違いで個人差があると思いますが、下記の範囲を塗れているんだと思います

咽頭反射が強くない方は経口からの処置で天蓋まで塗れる可能性もあります

f:id:mogitateentjp:20170325204408j:plain

 

3、では内視鏡下で曲がり綿棒を用いると…

f:id:mogitateentjp:20170325204512j:plain

 

更に上方の上咽頭および天蓋に塩化亜鉛を塗ることが出来ると思います

もちろん直綿棒で塗れる範囲や経口法で塗れる範囲も内視鏡下に塗ることが出来ます

 

 

 

f:id:mogitateentjp:20170325203709j:plain

 

こんな感じで解剖学的にご理解いただけますでしょうか?

 

 

セルフをして治療効果が上がらない場合

近医でBスポット療法を行っているが良くならず、治療法が経口法のみの場合

近医でBスポット療法を行っているが良くならず、経鼻は直綿棒でのみ行われている場合

 

それ即ち…

 

「Bスポット療法効果なし!」

 

になってしまう恐れがありますがそうではなく

 

天蓋に塩化亜鉛が塗られてない可能性!

 

を考えるのでいいと思います

何度も言いますが一度は内視鏡下の評価が必要なんだと思います

 

現在の治療で効果がある場合は、そのままその治療を続けるのでいいんだと思います

う~ん…悪化か 27歳女性 IgA腎症

youtu.be

 

20歳でIgA腎症の診断、扁摘ステロイドパルスを行われています

その後状態が良かったのですが

尿所見悪化したためBスポット療法を勧められ当院受診されました

Bスポット療法のみでは尿所見軽快しなかったため

入院で追加ステロイドパルス療法施行され

退院翌日に受診され

咽頭内視鏡下に評価し

アデノイドも収縮し上咽頭からの出血も軽微になりました

 

 

 

セルフBスポット療法を指導し経過観察していましたが…

 

2ヶ月ぶりに再診され

先日の尿検査で

 

尿潜血2+ 尿蛋白2+

 

と悪化したと再診されました。

セルフは施行していた様ですが

ハードワークだった様です…

youtu.be

 

収縮していた!?と思われたアデノイドは再度大きくなっているようでした

 

うーん…

セルフがダメではなく

日々の生活状況も…大事なんだと思います

f:id:mogitateentjp:20170624221115j:plain

 

 

 

 

 

 

Bスポット療法専門外来6月23日版

今日の金曜日午後の専門外来は~

f:id:mogitateentjp:20170429231936j:plain

Bスポット療法の新患9人(2人は2クール目)、田中式4人、栄養療法1人の計14人でした

 

症例1 47歳女性 主訴:後鼻漏

3月17日のBスポット療法専門外来が初診、3ヶ月の治療を行い評価目的の田中式。ご本人の後鼻漏VASスコアは10→2.3とのこと。

以前に比べ痰をぺっぺっとはかなくなったとのことです。

もう3ヶ月のBスポット療法を行えば無事治癒するものと考えます。

 

症例2 67歳女性 主訴:慢性上咽頭炎の可否

SAS過敏性腸症候群を認める。後鼻漏、のどの違和感等耳鼻咽喉科的な症状認めないも、田中式で慢性上咽頭炎の診断。

 

症例3 68歳男性 主訴:上咽頭炎の可否、IgA腎症の疑い

約10年前に尿潜血3+を認めるも総合病院で経過観察。今回慢性上咽頭炎の可否について受診、田中式で慢性上咽頭炎の診断。

 

症例4 34歳男性 主訴:上咽頭炎可否、いびき、咳払い、のどの違和感

田中式で慢性上咽頭炎の診断。

 

症例5 36歳女性 主訴:半年前から鼻の奥が乾いた感じ、IgA腎症で加療中。

田中式で慢性上咽頭炎の診断。

 

症例6 34歳女性 主訴:慢性疲労症候群PS6~7、Bスポット療法が有効と勧められて受診。田中式で慢性上咽頭炎重度。

youtu.be

 

症例7 49歳男性 主訴:10年前から鼻閉、頭痛、のどの違和感、IgA腎症で加療中。

田中式で慢性上咽頭炎の診断。

 

症例8 55歳女性 主訴:25年前から咽頭炎、口蓋扁桃摘出術後。

田中式で慢性上咽頭炎の診断。

動画アップの希望あり。

youtu.be

ドクターズアイでBスポット療法

f:id:mogitateentjp:20170624204253j:plain

今までの2分割…茂木立の処置像および内視鏡の所見に加えて

ウエアラブルカメラでのドクターズアイを加えてBスポット療法の動画を作成してみました~

 

こんな感じ!

youtu.be

 

あ〜けど…

 

内視鏡見ながら処置してるから…

ドクターズアイって

内視鏡所見とほぼ一緒なのね💦

 

分子栄養学実践講座でBスポット療法ーいとう耳鼻咽喉科の伊藤宏文先生

いよいよ実践講座(宮澤賢史先生主宰)でBスポット療法の講義✨

 

これは絶対外せない‼️と出席~

 

 

 

栄養療法を一部取り入れている身としては…

伊藤宏文先生は

耳鼻科医で!

Bスポット療法をやってて❗️

栄養療法もやってる‼️

 

茂木立の一歩も二歩も先行ってる先生で✨

もちろんネット検索で以前から個人的には存じ上げてて〜

 

そうそうトゥーンワルトは伊藤宏文先生のサイトで知ったし

 

 

 

f:id:mogitateentjp:20170622164908j:image

 

塩化亜鉛のみならず塩化マグネシウムでBスポット療法されている‼️

 

さすが

前から亜鉛も大事だけど

宮澤先生の講義でマグネシウムの大事さも勉強し

 

マグネシウムをどうにかBスポット療法に取り入れられないかなぁ〜

と思っていたら

 

 

流石❗️伊藤先生

講義受けて良かった〜

f:id:mogitateentjp:20170622205820j:plain

(本音は…やられたぁ〜、先こされたぁ💧だけど…)

 

まあやっぱり日本には優秀な先生多いんで

当たり前なんだけど…

 

センスは医者それぞれで~

 

得意分野それぞれあるだろうし~

いろんな医者の叡智が集まって~患者さんが治れば~いいのだ!

 

 

多分今回の実践講座の参加者で一番為になったのは…

自分だな

 

Bスポット療法についての講義は~

田中亜矢樹先生のしか聞いたことないので~ほんと為になった

 

 

 

 

耳鼻科医が

「後鼻漏」の訴えで考える疾患の論文

伊藤先生もご紹介されてて…

 

自分も大学病院時代に読んでて

 

今の自分は違うけど

多くの耳鼻科医はこう考えてるんだよね〜って思った

(次のブログでご紹介する)

 

けど今は

「後鼻漏」「のどの違和感(もしくは咽頭痛)」が1.5ヶ月以上続いたら〜

 

慢性上咽頭炎

 

って考えるけどね

 

 

 

話戻って伊藤先生とご挨拶出来て〜

 

講義にあった塩化マグネシウムの鼻うがいの詳細も聞けたので〜

 

どうかなぁ

ハナクリーン、ミサトール、サイナスリンスに加え塩化マグネシウムの鼻うがいは〜

 

栄養療法の観点からすると〜

1番効果あるかな…

特に疲労系疾患の患者さんで慢性上咽頭炎併発してる場合は

マグネシウム鼻うがいをお勧めしようと思う

 

 

 

滅菌精製水100~150ccに

高濃度マグネシウム液(ニューサイエンス)を5〜10滴

 

高濃度マグネシウム液はもぎたて耳鼻科でも買えるようにするけど

 

ネットで買いたい場合は〜下記

 


 

 

トゥーンワルト嚢胞

症例 76歳男性 主訴:うわ顎の奥に何か張り付く感じ

痰が絡まった感じで何度も吐き出そうとするも変化ない、時に出血する

 

youtu.be

 

ファイバーを挿入するとトゥーンワルト部位に嚢胞を認め

綿棒で触れると軟らかそうな感じ

 

念のため嚢胞周囲のBスポット療法を行い

トゥーンワルト部位のやや下から…

 

黄色の嚢胞内容物が血とともに排出されました

嚢胞は消退しました

 

これくらいの大きさであれば内視鏡下に潰していいのかもしれませんが

次回再診時にまた画像はお見せします

 

f:id:mogitateentjp:20170416200238j:plain

 

Bスポット療法専門外来6月16日版

Bスポット療法専門外来は1人15分で1枠(合計14枠)で予約を取っています

今回はなんと11/14と約8割が新患の方でした

 

あ〜茂木立話長いんで…

1人目から予約枠以上話して〜

予約通りにならず💦

f:id:mogitateentjp:20170617161456j:plain

 

症例1 44歳女性 主訴 左咽頭

風邪、副鼻腔炎を繰り返している。慢性副鼻腔炎の診断でマクロライド療法を2回している。他院Bスポット療法施行クリニックで約3ヶ月Bスポット療法を行ったが、左咽頭痛、左リンパ節腫脹を来している。アモキシシリンを処方されるも変わらず。

 

症例2 50歳女性 主訴 慢性上咽頭炎評価目的

線維筋痛症、副腎疲労で栄養療法加療中の患者さん。上咽頭炎の有無診断目的に当院紹介受診。耳鼻科的には今年2月からのどの違和感、今年3月から耳鳴悪化、時に耳閉塞感を来す。

youtu.be

 

症例3 26歳女性 主訴のどの痛み(特に右)

去年秋に急性副鼻腔炎罹患、その後も咽頭痛が続いている。

他院Bスポット治療クリニックで3月から約3ヶ月Bスポット療法を施行するも症状軽快せず。

 

症例4 50歳女性 主訴風邪を繰り返すことが多くなりBスポット療法専門外来を予約した。

 

症例5 28歳男性 主訴後鼻漏

他院Bスポット療法施行クリニックでBスポット療法を行い症状はVAS10→3。通院困難なためセルフBスポット療法を希望され当院受診。

 

症例6 37歳女性 主訴上咽頭炎の評価

副腎疲労で栄養療法施行中の患者さんで、上咽頭炎の評価目的に当院を紹介受診。ミサトールを点鼻するもしみないから上咽頭炎はない?

youtu.be

 

症例7 47歳女性 主訴上咽頭炎の評価

関節リウマチに対して抗生物質の治療を行う。寛解状態であったが2か月前から後鼻漏を自覚し、以前に関節リウマチを患う前に同様の症状があったため、上咽頭炎の有無評価目的に当院を紹介受診した。

youtu.be

 

症例8 76歳男性 主訴上顎の奥に何か張り付いている感じ

以前から上記認め、痰が絡まった感じで何度も吐き出そうとするも変化なく、時に血が混ざることもある。

→次のトゥーンワルト嚢胞ブログへ

 

症例9 30歳男性 主訴上咽頭にネバネバからみつく

食後に痰が絡む、後鼻漏等の症状が2~3年前から認められた。他院Bスポット療法施行クリニックで加療を行うも症状が軽快しない。VAS10→9.8

youtu.be

 

症例10 30歳女性 主訴左目奥の痛み

4年前から左目奥の痛み、左頬、左首から肩にかけての痛みあり。3年前に副鼻腔炎のオペをしたが症状変わらず。その後他院で5か月間加療を行うも症状の改善が認められない。