読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bスポット療法士のブログ

慢性上咽頭炎とはどのような病気なのか?その治療であるBスポット療法とはどのようなものなのかをお伝えするブログ

しばらくブログお休みしま~~す

f:id:mogitateentjp:20170416200238j:plain

学会発表が5月は2つあるのだ‼️

 

アメブロから引っ越して来たけど…

重いし

また引っ越すかも

 

慢性上咽頭炎ヒヤリハットその後1

先日の症例70歳女性覚えてらっしゃいますでしょうか?

咽頭処置時に拍動性の血管があった患者さんです

youtu.be

 

MRIを撮ったところ

f:id:mogitateentjp:20170426220019j:plain

 

狙った動脈は違いましたが

椎骨動脈の動脈瘤を認めました

f:id:mogitateentjp:20170426220125j:plain

たしかに椎骨動脈は左右差あって

右側の方が太かったりしますが…

 

動脈瘤が破裂するとくも膜下出血の原因になりますし

椎骨動脈の動脈瘤が破裂し脳幹レベルの虚血を来すとワレンベルグ症候群など

嚥下障害を来す部位です

 

今回は結果的に動脈瘤が見つかり良かったと思われます

処置中に破裂したらと思うと…

f:id:mogitateentjp:20170403213854j:plain

Bスポット療法専門外来4月21日版

今日のBスポット療法専門外来は

新患4人、田中式7人、再診9人でした

 

新潟県新潟市の方が一番遠方でした

埼玉県鴻巣市の方もいますが~2倍以上遠いですね…

 

f:id:mogitateentjp:20170423224035j:plain

 

症例1 47歳女性 主訴 のどの奥の違和感、乾燥感

20歳代からのどが弱かった様です

気圧の変化に弱く、めまい、全身倦怠感を自覚しています

youtu.be

 

軽めの塗布でも著しい出血を来しました

一部止血処置を行いました

 

遠方でそう頻回に受診できないためセルフBスポット療法を少し練習して頂きました

セルフは基本的には経鼻法をお勧めしています

最初から天蓋を狙うのではなく留置法で5分綿棒をとどめて

抜くときに堀田先生の様に左右綿棒を回転させて抜いていただきます

 

 

 

 

症例2 47歳女性 主訴

2週間前からの痰が切れない、後鼻漏、鼻の乾燥感、のどの違和感を主訴に当院を受診されました

鼻内はきれいで…

約1カ月抗生物質などの内服治療をしましたが軽快ないため田中式で評価しました

youtu.be

出血を来し慢性上咽頭炎の診断でした

他のBスポット療法をしていない耳鼻咽喉科医と同じ対応だったのかもしれません…

 

また初診時の所見は…

少し前から言っている慢性上咽頭炎の原因と言われてる細菌…

AとBありますがBタイプですね…

 

Aタイプは粘膜がはがれるように出血します

Bタイプは筋肉質のもりもりしてる感じの上咽頭炎でじわじわ出血する感じです

 

個人的にBタイプの方は最初から抗生物質の治療をするようにしています

Aタイプは上咽頭にいるのですが、Bは感染が続くと気管支ほか上咽頭とは別の場所にいるんだと思っています

 

3ヶ月のBスポット療法でだいぶ良くなっていますがもうしばらく治療を続けます

 

 

 

 

症例3 49歳男性 主訴鼻閉

歯科治療中に体が水平になると鼻閉が悪化し治療が続かなくなるようです

歯科の先生にBスポット療法を勧められ当院受診されました

youtu.be

田中式を行うと出血します

咽頭の中から上部は正常例!とされる所見です

天蓋に炎症があるタイプです

 

最初の訴えではなかなかBスポット療法の適応外かな!?と思いましたが…

 

「もしかしたらその症状以外に気になってる症状が軽快するかもしれませんね」

と説明すると

「そうそう後鼻漏あります!あります!」

と…

 

しばらくBスポット療法を行い経過観察します

 

 

 

症例4 54歳女性 主訴 朝の痰、風邪を繰り返す

4年前にもBスポット療法を行い一度治癒されています

その後、再び朝の痰が続くようになり再度Bスポット療法目的に受診されました

youtu.be

Bスポット療法で出血します

 

以前通院されていた患者さんだったので

「専門外来を作られたんですね!」

と驚かれていました

 

以前の茂木立と違うのはもう1点

内視鏡でBスポット療法を行う」

事ですかね

 

以前は塗られることなかった「天蓋」を塗られ…同部位に著しい疼痛を認めました

 

天蓋の件は以前から話していますが

当院のBスポット療法は簡易式を主に行っていたため

患者さんは初めて天蓋が塗布された様で疼痛著しかった様です

 

またとある細菌感染についての仮説も説明し…この点も4年前とは異なっています

 

 

 

症例5 41歳女性 主訴1年半前からの後鼻漏

youtu.be

咽頭やや右上に腫瘤?認めます

OEで悪性所見ではなさそうです、乳頭腫でもなさそう

粘膜の腫脹?

腫瘍としても良性が考えられるのでBスポット療法でどう変化するか経過観察します

 

 

 

症例6 27歳女性 IgA腎症

20歳でIgA腎症の診断、扁摘ステロイドパルスを行われています

以前にも動画アップした患者さんです

今回入院で追加ステロイドパルス療法施行され、昨日退院し当院再診されました

入院中もBスポット療法をされていた様です

 

youtu.be

経過でみるとわかると思いますが

アデノイドも収縮しています

田中式を行いましたが出血も軽微になっています

 

アデノイドの追加切除を考えた症例ですが

ここまで収縮すると手術できる大きさでないため

Bスポット療法で更にアデノイドも縮小させるしかありません

 

 

 

症例7 44歳女性 主訴IgA腎症疑いでBスポット療法希望

尿潜血3+ 尿蛋白2+

腎生検前ですがIgA腎症の疑いで腎疾患治療前にBスポット療法を開始し、3か月経過したため田中式で評価しました

youtu.be

ほぼ出血しない上咽頭炎ですね

これで尿所見が軽快すると扁摘ステロイドパルスも経過観察になってしまうかもしれません

もちろん専門性があるので腎臓内科医が最終決定をされると思いますが

 

Bスポット療法専門外来でした

トーンワルト病の患者さん

症例 29歳男性 3~4年来の後鼻漏

 

マクロライド少量長期投与を施行するも変わらず
近医でアレルギー性鼻炎の診断も後鼻漏軽快せず


よくあるエピソードで…

 

内視鏡で評価すると慢性上咽頭炎!なのでBスポット療法をしましょう!
という事になりますが

 

初診時の田中式ではそう上咽頭炎無く…


ご本人の希望あるため3ヶ月のBスポット療法を行いました

 

3ヶ月施行後の後鼻漏症状はVAS10→10と変化ありません

youtu.be

初診時の炎症所見がそうないから!?とも思いましたが

2回目の田中式で
『トゥーンワルト病』
でした

慢性上咽頭炎の併発もあります

慢性上咽頭炎は所見上はむしろ悪化?変化なし!?の状態でした

 

慢性上咽頭炎の原因とされる細菌に対する抗生物質の内服を開始しました

また天蓋の擦過がたりないため今後のBスポット療法では天蓋をメイン行います

 

初診時にはわからなかったが経過でトゥーンワルト病とわかった1例でした


3か月後また報告します

 

 

f:id:mogitateentjp:20170422222301j:plain

 

 

コメントをして頂いた方で「コメント非表示希望」の方とは

はてなブログにメールアドレスを登録されていればメールでやりとりできる様です

 

とある掲示板にも質問しづらいし…

コメント欄で表示されるのが嫌な場合は

その旨を記載して頂ければメールでお返事しています

なんでも質問してください!

 

IgA腎症の患者さんでBスポット療法を行うも尿所見が安定しない

f:id:mogitateentjp:20170422215537j:plain

症例 50歳女性 IgA腎症

IgA腎症で加療されている患者さんです

扁摘ステロイドパルスを行うも尿蛋白3+、尿潜血3+とのことでBスポット療法目的に当院受診されました

 

Bスポット療法を1か月行い

尿蛋白3+→1+ 尿潜血3+→2+

でご本人喜ばれていました

 

Bスポット療法を3ヶ月行い田中式で評価しました

youtu.be

 

初回Bスポット療法施行時はそう出血せず…

咽頭に炎症がない!?のかとも思いました

 

ステロイドパルス療法後ですので一時的に上咽頭炎もおさまっていた可能性があります

 

経過観察中のBスポット療法時には出血します

 

 

3ヶ月Bスポット療法を行いましたがまだまだ出血します

逆に出血するという事は炎症が残っているという事ですので

まだ尿所見が軽快する余地があるんだと思います

 

田中式を行うようになり
炎症の有無を明視下に評価できるため!?

以前のBスポット療法に比べて軽快率が上がっている感じがします

 

ですのでこうポジティブな意見が言えるんだと思います

 

Bスポット療法をされている患者さん!頑張りましょう

 

 

最近上咽頭所見が軽快されたIgA腎症の患者さん

Bスポット療法専門外来以外で軽快した患者さんを適宜アップします

 

f:id:mogitateentjp:20170422210215j:plain

 

症例 64歳男性 IgA腎症でBスポット療法目的に紹介

15年前にIgA腎症を発症され保存的に経過観察されています

扁桃腺摘出をされていません

ここ10年以上尿蛋白± 尿潜血- で経過していましたが尿潜血3+となりBスポット療法を勧められました

Bスポット療法で尿所見が経過しない場合は扁摘ステロイドパルスになるようです

 

youtu.be

4カ月Bスポット療法を行い尿潜血は3+→2+

もう2か月Bスポット療法を行い治療方針を決めるとのことです

 

最初の頃はIgA腎症の事、Bスポット療法の事をあまり理解されていませんでした

 

まあ本来は購入された方がいいのですが

皆さんの図書館(第一診察室にあります)にある堀田先生の本を3冊お貸出しして

f:id:mogitateentjp:20170317225538j:plain

それからはきちんとBスポット療法をされるようになりました

 

2か月後の尿所見が楽しみですね

Bスポット療法を開始して4カ月経たないうちの尿所見はまだ改善の余地があります

また上咽頭に炎症が残っている場合もまだ尿所見が改善する可能性があります

 

 

 

 

外来で説明している口呼吸の是正を~イラストにしてみました

f:id:mogitateentjp:20170420213033j:plain