Bスポット療法士のブログ

慢性上咽頭炎とはどのような病気なのか?その治療であるBスポット療法とはどのようなものなのかをお伝えするブログ

相田歯科耳鼻咽喉科 谷先生のBスポット療法

アテナハ?アタナハ

代官山にあるアタナハクリニックの矢崎先生から

 

「慢性上咽頭炎の有無について」

 

の紹介患者さんが続いた…

 

 

患者さんに

「どんな先生なんですか?」

「アタナハって何?」

って聞いていたわ…

 

 矢崎先生のホームページ

f:id:mogitateentjp:20170205204318p:plain

病気の根本治療にこだわり抜いたクリニック/武蔵小杉

今は武蔵小杉に転院されてインテグレートヒーリングを主にされています

 

 

Facebookでアタナハクリニックの矢崎先生とつながって

 

同郷だった‼️

 

それはさておき

まあ当時もぎたて耳鼻咽喉科はほぼ自分1人の1診で

月金の午前は東邦大大森耳鼻科から派遣の先生きてくれてたけど

日々200人以上診察している状況で

Bスポット療法の適応はせばめ

普通の耳鼻咽喉科診療をしていた

 

 

ある日のFacebook

アタナハクリニックの矢崎先生が

相田歯科耳鼻咽喉科でBスポット療法の研修をされている写真が流れてきて

 

f:id:mogitateentjp:20170205210358p:plain

荒川区の歯科・歯医者なら、相田歯科クリニック

 

おぉ

いよいよ矢崎先生ご自身でされるんだぁ

 

と思ったが

 

そういえば

この前読んだ堀田修先生と相田能輝先生の共著

『道無き道の先を診る」で

  


 

「見学随時受付ます」

と書いてあったのを思い出した

 

矢崎先生が相田歯科耳鼻咽喉科に行かれたのが1月?だったか

まあ3月は花粉症で忙しいので

4月第1週に見学をお願いした

 

 

 

 

結構土砂降りの雨の日で

どこから入ったらいいかわからず

相田歯科から入って名前を伝えると

診療で忙しい中

相田先生が対応してくださった

 

白衣に着替え待っていると

昔ながらの往診バッグ様のカバンを持った

白髪の御年輩の方が入ってきた

 

谷先生だ

 

すぐわかった

 

ご挨拶し

谷先生のBスポット療法外来の陪席についた

 

f:id:mogitateentjp:20170205205133j:plain

 

 

 

 

約1年前に青山セントラルクリニックの田井先生のとこに

6スポット療法を見学に行ったが

 

f:id:mogitateentjp:20170205211849p:plain

6スポット治療|青山セントラルクリニック 武蔵小山駅

 

 

 

その時と同様

「医者によって同じ治療法でも違うんだぁ~」

て思った

 

谷先生は ずん ず~ん と押す感じのBスポット療法

 

谷先生に

「先生やってみて」って言われ

 

Bスポット療法をしたら

 

『先生は滑らすように塗るんですね!』って言われた

 

 

f:id:mogitateentjp:20170205205421j:plain

 谷先生と相田先生とのスリーショット!

 

 

新潟からいらっしゃった30歳代の女性

大阪在住時代は田中耳鼻咽喉科で処置をされていたと話していた

 

田中亜矢樹先生…

ネットでBスポット療法で検索すると

大阪のおばちゃんに絶大な支持を受けている先生で!?

いやいや…患者さんみんなブログで絶賛してる先生で~知ってる!!

 

去年の口腔咽頭科学会でBスポット療法の演題を出されていたのも知ってて

堀田先生もシンポジウムで講演されてて

行く気満々だったが~

ご存じの方もいるかもしれないけど

9月第2週は肺炎で倒れており…

行けんかった

(まあ毎年なんやかんやで1週間は過労で入院生活してたな…)

 

 

 

あと相田先生と話していたとき

 

「なんで病巣疾患研究会に堀田先生は茂木立を呼んでくれないんだろう!?」

大久保病院からたくさんIgA腎症の患者さん紹介してくれるのに…」

 

って言ったら

 

相田先生すぐ堀田先生にメールされ

 

ちょうどドイツの学会に呼ばれ(Bスポット療法とHANS症候群の発表)

ドイツにいる堀田先生と連絡が取れたらしく

 

相田先生が

「次回の病巣疾患研究会では座長をしていただく様に手配します」

って…

 

 

 

 

相田先生まなびの機会を与えてくださってありがとうございます

 

矢崎先生の本は楽天では電子書籍でしか手に入らないみたいです