読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bスポット療法士のブログ

慢性上咽頭炎とはどのような病気なのか?その治療であるBスポット療法とはどのようなものなのかをお伝えするブログ

青山セントラルクリニックへ6スポット療法見学に行った

Bスポット療法やっていると…

 

青山セントラルクリニックは土曜日やってないらしく

「普段は青山セントラル言ってますが土曜日は先生のところでBスポット療法お願いします」

 

とか

 

「6スポット療法辛いので先生のところにBスポット療法やりにきました」

 

って他のBスポット療法をやっている先生のうわさが入ってくる

 

 

 

 

どんな治療法なんだろう!?って

ネットで調べていると

 

千葉の田井耳鼻咽喉科が出てきた

f:id:mogitateentjp:20170205213912p:plain

http://www5b.biglobe.ne.jp/~tanoi/

 

あとは

青山セントラルクリニック

 

f:id:mogitateentjp:20170205215619p:plain

 

品川区武蔵小山の耳鼻咽喉科|青山セントラルクリニック

 

が出てきた

まあ両方とも田井だから親子なんだろうなぁ~て思った

 

千葉はまあすぐにはいけないので

青山セントラルクリニックに電話して見学のお願いをした

 

 

武蔵小山の駅から歩いてすぐ

 

院長は女医さんだった

自分よりは5~6学年下かなぁって印象(女医さんって若く見られるので)

 

 

白衣に着替えて

 

患者さんの診察風景を診させていただいた

 

6スポット療法とは(青山セントラルクリニックHPより)

『鼻腔全体・副鼻腔・鼻咽腔・上咽頭扁桃喉頭の6か所を中心に綿棒で塩化亜鉛という

消炎剤を直接塗布して刺激・炎症を抑え、難治性の症状・疾患に効果をあげています。

対してBスポット治療は、現在、上咽頭のみに塩化亜鉛を塗布する方法として知られています。
6スポット治療はBスポット治療を発展させたものとなり、治療の方法も違います。
最近できた目新しい治療法ではなく50年以上前から続けている治療です。』

 

 

 

…クールね

 

6スポットて中鼻道攻めるから

みんな涙流して

 

 

 

それから数カ月は

個人的に中鼻道を責めたり口蓋扁桃に塩化亜鉛を塗ったり

 

Bスポット療法をしている患者さんに

「どお!?」って聞きながら6スポット療法を行ったけど…

 

 

理論上は

Bスポット療法は迷走神経経由で自律神経失調を治すんだけど

 

6スポットは三叉神経経由の治療効果を期待している気がする…

ちょうどあの先は後鼻神経切断術を行う部位で

 

 

けど自分はやっぱりBスポット療法だなと思って

Bスポット療法を続けていたのね…その後も