読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bスポット療法士のブログ

慢性上咽頭炎とはどのような病気なのか?その治療であるBスポット療法とはどのようなものなのかをお伝えするブログ

姫野友美先生

Bスポット療法 慢性上咽頭炎 副腎疲労 栄養療法

ある時から

「ひめのともみクリニックの姫野友美先生からの紹介状」

が続いた…

 

ひめのともみ?

 

患者さんに

「姫野友美先生って!?どんな先生?」

って聞くと

 

『テレビでご活躍している先生です!』

って…

 

 

朝起きて顔洗って朝ごはん食べて

診療して昼ごはん食べて昼休憩して(連休明けは休憩ほぼなく)

夜遅くまで診療して家に帰ってお風呂に入ってご飯食べてFacebookやって

 

テレビってほとんどみないので~

ニュースはYahooでわかるし

あ~そもそも活字嫌いだし

 

 

第4回病巣疾患研究会で自分が座長するシンポジウムで

 

『姫野友美』先生もご講演をされる!

 

 

うちのクリニックに

「Bスポット療法のお願い!」

でご紹介されるけど~ 誰!?

 

f:id:mogitateentjp:20170214234008p:plain

http://www.himeno-clinic.com/

※このホームページは検索当時とは変わってます

 

 

 

第4回病巣疾患研究会

f:id:mogitateentjp:20170216224958p:plain

 

座長の自分が略歴をご紹介し

ご講演が始まった

 

 

 

 

栄養療法ね!

姫野先生は栄養療法をやっていて
その中で疲労が抜けない症例にBスポット療法を用いるようになって…

 

茂木立はBスポット療法をやっていて

Bスポット療法のみで軽快しない症例に栄養療法を用いるようになって

 

この学会で…合流! 

 

このころは

溝口先生のセミナーは行かなくなったが…

宮澤賢史先生の実践講座はビデオセミナーも履修を繰り返し~

少しは栄養療法がわかってきたころで

 

 

ちょっと否定的な思いはあったが…

進むべき方向は一緒!

 

講演が終わって

茂木立の総括

「ぜひアマルガム除去を歯科の先生お願いします」

っていうことで終了した

 

 

病巣疾患研究会が終わって1週間後

f:id:mogitateentjp:20170216225920p:plain

 

この当時線維筋痛症の患者さん2人にBスポット療法を行っていて

堀田先生は著効例を報告されているが…

 

何か得られるか!?

 

姫野友美先生の教育講演

線維筋痛症における分子整合栄養医学に基づいた栄養療法の効果」

も聴いた

f:id:mogitateentjp:20170216230217p:plain

 

講演の中でBスポット療法について

堀田先生と相田先生の共著もスライドにされていて

f:id:mogitateentjp:20170216230259p:plain

 

 

講演終わった後の…

とある先生の質問はひどかったわ…

 

エビデンスない治療法

 そんな高い点滴をどうか患者さんのためにしないでください!』

 

って

 

 

じゃあ自分は治せるのか!?って思った…久々に学会の嫌な面…

 

栄養療法はまだまだ標準治療をしている医者からしたら異端なんだろうね

 

じゃあ標準治療の先生方はみんな治せてるのかね!?

 

 

患者さんが取り残されている!領域

 

 

点滴療法研究会でも

オゾン療法が著効する!ってあったけど~

 

当時はどちらの方向に進むのか…

自分の体の事もあったし

心揺らいでいたかな…