Bスポット療法士のブログ

慢性上咽頭炎とはどのような病気なのか?その治療であるBスポット療法とはどのようなものなのかをお伝えするブログ

外来でよく説明している「口呼吸の是正」

口呼吸の方は舌が低位で、下顎の歯に舌を押していることが多く、それで歯痕(舌に歯型)がつくことが多いです。

口呼吸は浅い呼吸で、更に口呼吸が続くと頻回の呼吸になります。

ストレス多いと交感神経優位となり、更に頻呼吸になります。
普段から舌の先を硬口蓋につけて、閉口して鼻で深呼吸してください。

すると舌高位のおかげで普段よりも鼻から入る空気の量も増え、また深呼吸で副交感神経優位になりリラックス効果も得られます。

 

これを気づいた時にやってください。

繰り返す事で口呼吸が是正されます

 

f:id:mogitateentjp:20170323190524j:plain

 ※上咽頭の模式図です

  ネットで検索しても解剖図の多くは側面から上咽頭を説明しているものが多く

 今後汎用する基本図としてイラストレーターに作成して頂きました