Bスポット療法士のブログ

慢性上咽頭炎とはどのような病気なのか?その治療であるBスポット療法とはどのようなものなのかをお伝えするブログ

慢性疲労症候群つづき

慢性疲労症候群つづき

f:id:mogitateentjp:20170330202229j:plain

 

慢性疲労症候群(Chronic Fatigue Syndrome)の診断基準を振り返ってみます

日本疲労学会による新たなCFS診断指針

 

6ヶ月以上持続する原因不明の全身倦怠感を訴える患者を診たとき、以下の前提Ⅰ~Ⅲに従って、臨床症候を十分吟味検討し、CFSについて判断する。

 

前提 Ⅰ.
1. 病歴、身体所見、臨床検査(表2)を精確に行い、慢性疲労を来たす疾患(表3)を除外する。
2.
A) 下記疾患に関しては、当該疾患が改善され、慢性疲労との因果関係が明確になるまで、CFSの診断を保留にして経過を十分観察する。
1) 治療薬長期服用者(抗アレルギー剤、降圧剤、睡眠薬など)
2) 肥満(BMI>40)
B) 下記の疾患については併存疾患として取り扱う
1) 気分障害双極性障害、精神病性うつ病を除く)、身体表現性障害、不安障害
2) 線維筋痛症


前提 Ⅱ.
以上の検索によっても慢性疲労の原因が不明で、しかも下記の4項目を満たす。
1) この全身倦怠感は新しく発症したものであり、急激に始まった。
2) 十分な休養を取っても回復しない。
3) 現在行っている仕事や生活習慣のせいではない。
4) 日常の生活活動が、発症前に比べて50%以下となっている。あるいは疲労感のため、月に数日は社会生活や仕事ができず休んでいる。


前提 Ⅲ.
以下の自覚症状と他覚的所見10項目のうち5項目以上を認めるとき。
1) 労作後疲労感(労作後休んでも24時間以上続く)
2) 筋肉痛
3) 多発性関節痛 腫脹はない
4) 頭痛
5) 咽頭
6) 睡眠障害(不眠、過眠、睡眠相遅延)
7) 思考力・集中力低下
以下の他覚的所見は、医師が少なくとも1ヶ月以上の間隔をおいて2回認めること。
8) 微熱
9) 頚部リンパ節腫脹(明らかに病的腫脹と考えられる場合)
10) 筋力低下


◎前提Ⅰ、Ⅱ、Ⅲすべてを満たしたときに、臨床症候からCFSと判断する。
◎前提Ⅰ、Ⅱ、Ⅲすべてを満たす訳ではないが、原因不明の疲労病態がある場合、特発性慢性疲労(Idiopathic Chronic Fatigue, ICF)と診断し、経過観察する。

 

 

5)の咽頭痛が慢性上咽頭炎患者さんだと『上咽頭痛』「咽頭違和感(のどの違和感、乾燥感)」とすれば…慢性上咽頭炎の多くの方が慢性疲労症候群の診断基準を満たしてくるんだと思います。

 

「痰」や『後鼻漏』も入っていたら更に…

 

慢性上咽頭炎患者さんの上咽頭は塩化亜鉛を塗らない前は正常!というのが今のところの定義ですが

この点は日本病巣疾患研究会や田中亜矢樹先生の報告で変わってくると思いますが

 

症例 52歳 女性 痰が切れない

youtu.be

 

ここまではっきり痰がついていれば、多くの耳鼻科医がわかってくれるんでしょうかね!?

この患者さんは

「痰が切れない」「歌っていると痰が絡んで歌いづらくなる」

という主訴で…

 

症状は人それぞれなんだなぁと思います

慢性上咽頭炎は症状と所見が一致しないことが多いですけどね