Bスポット療法士のブログ

慢性上咽頭炎とはどのような病気なのか?その治療であるBスポット療法とはどのようなものなのかをお伝えするブログ

Bスポット療法専門外来 3月31日版

3月31日のBスポット療法専門外来は~
新患5人、田中式5人、再診9人でした

 

今日新患は横浜市南区、神奈川県鎌倉市、東京都小金井市、埼玉県吉川市茨城県潮来市川崎市以外の方ばかりでした

どのあたりの方まで受診されているのか知りたい方もいるかも!?と思いこういった情報も載せるようにします

 

f:id:mogitateentjp:20170402105710j:plain

 

 

 

症例1 28歳男性 IgA腎症

「鼻うがい健康法」をお読みになり受診されました

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

病気が治る鼻うがい健康法 [ 堀田修 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/4/2時点)


 

 

口蓋扁桃摘出術を施行したところ尿所見軽快したためステロイドパルス療法は行なわず経過観察されています

 

youtu.be

 

鼻うがい健康法にもありますが、3~4カ月のBスポット療法でどのくらい効果あるか評価する必要があると思います

 

IgA腎症の方にとってBスポット療法は補助療法の1つだと思います

 

もちろんBスポット療法の追加で寛解状態を維持している方もいらっしゃいますが…

3~4カ月のBスポット療法で尿所見が軽快しないようならステロイドパルスの選択になるのかもしれません。

 

 

 

症例2 45歳女性 後鼻漏

この方はとあるBスポット療法施行クリニックで「Bスポット療法の適応なし!」

と診断された方です

youtu.be

 前から言ってますが天蓋の評価は必要なんだと思います

 

また2年前にもぎたて耳鼻咽喉科を受診されていた場合は「適応なしだったかもしれません」

 

先日の上咽頭のシェーマを再度用いますが、経鼻法のみですと

f:id:mogitateentjp:20170325204247j:plain

 

内視鏡下に曲がりルーチェ綿棒を用いると

f:id:mogitateentjp:20170325204512j:plain

 

天蓋方向にBスポット療法を行う事が出来ます

f:id:mogitateentjp:20170323190524j:plain

 

 

症例3 36歳女性 上咽頭にネバネバしたものが張り付いてる

他院でBスポット療法を2か月施行されるも転居のため治療継続目的に当院受診されました。

youtu.be

トゥーンワルト部位、上咽頭中央の分泌腺付近に痂疲の付着を認めます。

周辺を擦過すると膿が分泌されているのがわかります。

 

 

他院は横浜市です。

ネットで検索してもヒットせず…静かにBスポット療法をされている耳鼻咽喉科クリニックがあります。

ネットの時代は良し悪しですが、患者さんにとって有用なBスポット療法施行クリニック一覧が出来上がればいいなぁと思います。

 

 

 

症例4 58歳男性 鼻の奥に何かこびりついているがとれない

この患者さんも東京でBスポット療法を以前から行っているクリニックで経過観察されています。

また、実は…茂木立がとある施設に施術の見学に行った時にそのクリニックを受診されており、患者さんの顔を見た瞬間に!

「○○さん、△△クリニック受診されてたでしょ!?」

と思わず話をしてしまいました…

youtu.be

 

 患者さんは茂木立のブログを読んで「天蓋はどうか!?」という疑問があり受診されたようです。

きちんとBスポット療法をされてる様で、あまり出血しない上咽頭でした。

 

 

 

症例5 36歳男性 後鼻漏 耳閉塞感

Bスポット療法は近医で経口法で行ってるようです。

ご自身はもう少し上方に炎症があるのでは!?と当院受診されました。

youtu.be

おっしゃる通り上咽頭の上方、天蓋方向に炎症を認めました。

 

 

今回は初診患者さんが「どんな主訴で受診されたか!?」という感じでままとめてみました

来週の新患、田中式の予約枠は埋まってしまっているみたいです

今後専門外来をどうしていくか!?再考する必要がありそうです