読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bスポット療法士のブログ

慢性上咽頭炎とはどのような病気なのか?その治療であるBスポット療法とはどのようなものなのかをお伝えするブログ

セルフを始めるにあたって

遠方でBスポット療法施行施設が遠かったり…転居などでBスポット療法を続けられない方がいるので…

少しずつ考え方を変えてセルフを指導しようと思っています(セルフを指導し始めました)

 

f:id:mogitateentjp:20170402210255j:plain

 

 

いきなりセルフは?という方は…

塩化亜鉛の点鼻で良いだと思います

あとはミサトールリノローション®︎等で鼻うがい

 

理論上は堀田修先生がご報告されていますが、点鼻された塩化亜鉛は鼻の線毛運動で鼻腔全体~上咽頭に広がります

 

何度も言いますが、まずは最低限この本を読みましょう!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

病気が治る鼻うがい健康法 [ 堀田修 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/4/2時点)


 

 

 

 

次は直綿棒で行ってください

先日のブログで「天蓋方向の塗布」についての曲がり綿棒の手技についていいましたが

これは

『天蓋方向に塗り残しがある場合!』

に適応で

セルフ素人がいきなり高度なことはしないでください

 

直綿棒も先に塩化亜鉛がしみ込んでくれるタイプの綿が多いタイプがいいと思 います

 f:id:mogitateentjp:20170402215347j:image

 

 

で留置法といって、直綿棒の先が上咽頭に触れている状況を5分間続けるのでいいんだと思います

個人的に茂木立も留置法をしています

(5分経ったら抜いて終了)

f:id:mogitateentjp:20170402205036j:image

 

ここで堀田式!

綿棒をそのまま抜くのではなく〜

突っ込まれてる綿棒2本を持って

グルグルと上咽頭を回転させる感じで塗ります…

ただし…痛いですよ

 

疼痛点が見つかってない人には良いのかも…

 

これでも駄目なら…

天蓋に塗り残し(炎症部位)がある可能性があるので天蓋を狙います

 

あ~あと

直綿棒だと大丈夫ですが

(厳密にいうと鼻中隔弯曲があると駄目だけど)

曲がり綿棒での注意点!

咽頭の外側には耳管咽頭口といって中耳とつながっている管があります

 

曲がり綿棒は内回りで天蓋方向を向けてください!

f:id:mogitateentjp:20170402211301j:plain

外回りで回転させると耳管隆起の粘膜を傷つける場合があります

 

普通の外来でのBスポット療法で耳痛を訴える方がいますがそれは放散痛といって

外耳道の一部と上咽頭の一部が同じ神経支配なので

脳がのどを触ってるのに耳!と勘違いしてしまうからです

 

難聴など来した場合は耳鼻科を受診してください

鼻うがいの場合も同様です

 

セルフは1日1回程度で始めるのでいいんだと思います

 

前にも言いましたが

 

セルフで軽快しない = Bスポット療法効果なし

 

ではないので…

3〜4ヶ月に1度は内視鏡での評価が必要なんだと思います

 

 

f:id:mogitateentjp:20170402212431j:image

f:id:mogitateentjp:20170402212506j:image

 茂木立が田中式されてるのの写真

 

 

 

 堀田先生の本の紹介!

アフィリエイトで貼ってますがそれの方がみなさん買いやすいので…