Bスポット療法士のブログ

慢性上咽頭炎とはどのような病気なのか?その治療であるBスポット療法とはどのようなものなのかをお伝えするブログ

慢性上咽頭炎は口蓋扁桃摘出術を行えば早く治癒するか!?

慢性疲労症候群の患者さんにBスポット療法が奏功する場合があります

また

慢性疲労症候群が口蓋扁桃摘出術で軽快した!という方を個人的に数例知っています

医学論文(症例報告にはなっていません残念ながら)ではありませんが…

 

慢性疲労症候群の患者さんではありませんが

Bスポット療法経過中に口蓋扁桃摘出術を行った症例を経験しました

f:id:mogitateentjp:20170413203619j:plain

症例 43歳男性 主訴 3か月前からの咽頭痛、痰、咳

朝起きると痰がある感じ、咽頭痛よくなったり悪くなったりする

来月大学病院で扁桃腺の手術するが他に原因はないか?受診されました

youtu.be

内視鏡下に評価すると慢性上咽頭炎を認めました。

慢性上咽頭炎と慢性扁桃炎は別病態である可能性もあるため手術は施行するように勧めました
Bスポット療法を4回行って

大学病院耳鼻科で全身麻酔下両側口蓋扁桃摘出術を施行されました

退院当日も受診されましたので

継続してBスポット療法をされている患者さんと経過に大差はありません

 

3ヶ月Bスポット療法施行後、ご本人の評価は

咽頭痛 VAS 10→0 のどの違和感 VAS 10→5 後鼻漏 VAS 10→10

 

6か月Bスポット療法施行後、ご本人の評価は

のどの違和感 VAS 10→0 後鼻漏 VAS 10→3

 

と、数年来慢性上咽頭炎症状を来している患者さんとはそう早く治癒している印象にはありません

 

慢性疲労症候群症例で口蓋扁桃摘出術施行後に慢性上咽頭炎が治癒したという報告があります
慢性炎症の主体が扁桃炎の場合は著効するのでしょうか?
最近少し議論になって、ちょうど同様の症例を経験したため供覧して頂きました。

 

現在も経過観察中です

 

 

慢性扁桃炎、病巣疾患との関連は旭川医大耳鼻咽喉科原淵教授の一派が日本ではリードしているグループの1つです。

f:id:mogitateentjp:20170413204520p:plain

 

f:id:mogitateentjp:20170413204540p:plain

旭川医科大学病院 耳鼻咽喉科・頭頸部外科

 病巣扁桃感染症についてのページは理解しやすいと思います。

一度病巣疾患を勉強されている方は見てみてください。