Bスポット療法士のブログ

慢性上咽頭炎とはどのような病気なのか?その治療であるBスポット療法とはどのようなものなのかをお伝えするブログ

最近軽快された症例

 

症例 42歳男性 主訴 1か月前から微熱が続く

f:id:mogitateentjp:20170413215259j:plain

1か月前からの微熱、咽頭痛を主訴に当院受診されました

初診医で血液一般検査正常(WBC正常範囲、CRP0.5未満)、慢性扁桃炎の診断でまずは抗生剤が処方されました

その後2週間経過するも変化ないため茂木立が診察し内視鏡下にBスポット療法を施行したところ慢性上咽頭炎でした

 

簡易式3ヶ月、留置式3ヶ月施行し田中式で評価しました。

ご本人の症状として微熱はなくなり

咽頭痛VAS 10→1 後鼻漏VAS 10→3

youtu.be

天蓋にはアデノイドの遺残?腫脹を認めます。


更に1か月天蓋の擦過を追加し再度田中式で評価(動画見づらくすみません)まだまだ出血します。

 

さらに1か月Bスポット療法を施行した7カ月目にはご本人の症状はだいぶ軽快しました。

咽頭痛 VAS 10→0 後鼻漏 VAS→1


10カ月目の現在慢性上咽頭炎小症状は認めません(1か月以上)

咽頭左に少し出血点がありますが以前より炎症が収まりました

 

まだ出血するため炎症があると考えますが

自力で治る可能性もあるた著変時再診としました