Bスポット療法士のブログ

慢性上咽頭炎とはどのような病気なのか?その治療であるBスポット療法とはどのようなものなのかをお伝えするブログ

最近上咽頭所見が軽快されたIgA腎症の患者さん

Bスポット療法専門外来以外で軽快した患者さんを適宜アップします

 

f:id:mogitateentjp:20170422210215j:plain

 

症例 64歳男性 IgA腎症でBスポット療法目的に紹介

15年前にIgA腎症を発症され保存的に経過観察されています

扁桃腺摘出をされていません

ここ10年以上尿蛋白± 尿潜血- で経過していましたが尿潜血3+となりBスポット療法を勧められました

Bスポット療法で尿所見が経過しない場合は扁摘ステロイドパルスになるようです

 

youtu.be

4カ月Bスポット療法を行い尿潜血は3+→2+

もう2か月Bスポット療法を行い治療方針を決めるとのことです

 

最初の頃はIgA腎症の事、Bスポット療法の事をあまり理解されていませんでした

 

まあ本来は購入された方がいいのですが

皆さんの図書館(第一診察室にあります)にある堀田先生の本を3冊お貸出しして

f:id:mogitateentjp:20170317225538j:plain

それからはきちんとBスポット療法をされるようになりました

 

2か月後の尿所見が楽しみですね

Bスポット療法を開始して4カ月経たないうちの尿所見はまだ改善の余地があります

また上咽頭に炎症が残っている場合もまだ尿所見が改善する可能性があります