Bスポット療法士のブログ

慢性上咽頭炎とはどのような病気なのか?その治療であるBスポット療法とはどのようなものなのかをお伝えするブログ

トーンワルト病の患者さん

症例 29歳男性 3~4年来の後鼻漏

 

マクロライド少量長期投与を施行するも変わらず
近医でアレルギー性鼻炎の診断も後鼻漏軽快せず


よくあるエピソードで…

 

内視鏡で評価すると慢性上咽頭炎!なのでBスポット療法をしましょう!
という事になりますが

 

初診時の田中式ではそう上咽頭炎無く…


ご本人の希望あるため3ヶ月のBスポット療法を行いました

 

3ヶ月施行後の後鼻漏症状はVAS10→10と変化ありません

youtu.be

初診時の炎症所見がそうないから!?とも思いましたが

2回目の田中式で
『トゥーンワルト病』
でした

慢性上咽頭炎の併発もあります

慢性上咽頭炎は所見上はむしろ悪化?変化なし!?の状態でした

 

慢性上咽頭炎の原因とされる細菌に対する抗生物質の内服を開始しました

また天蓋の擦過がたりないため今後のBスポット療法では天蓋をメイン行います

 

初診時にはわからなかったが経過でトゥーンワルト病とわかった1例でした


3か月後また報告します

 

 

f:id:mogitateentjp:20170422222301j:plain

 

 

コメントをして頂いた方で「コメント非表示希望」の方とは

はてなブログにメールアドレスを登録されていればメールでやりとりできる様です

 

とある掲示板にも質問しづらいし…

コメント欄で表示されるのが嫌な場合は

その旨を記載して頂ければメールでお返事しています

なんでも質問してください!