Bスポット療法士のブログ

慢性上咽頭炎とはどのような病気なのか?その治療であるBスポット療法とはどのようなものなのかをお伝えするブログ

Bスポット療法専門外来 4月28日版

今日のBスポット療法専門外来は

新患5人、田中式5人、栄養療法2人、高濃度ビタミンC点滴1人、再診6人でした

 

f:id:mogitateentjp:20170429231936j:plain

 

今日の新患の方の多くは川崎市の方と東京でも世田谷区の方だったので…近場!

浦和市の方いたけど…

 

 

 

症例1 42歳女性 1か月来の後鼻漏

風邪をひいてから後鼻漏が軽快しないのが1カ月続いたため

慢性上咽頭炎をご自身で考えて当院を受診されました

youtu.be

受診までの期間が早いので、やはり治る期間も早いと思っています。


出血は軽微、先日から話をしているとある細菌の血液検査の結果がでるまで処置はしますが

ほぼ3ヶ月で卒業された症例です

 

 

処置を開始して1カ月で「少し軽快したかな!?」程度

2~3ヶ月までの途中は「あまり変わらない!?」とおっしゃる方がほとんどです

約3ヶ月の処置で上咽頭の免疫が変わると堀田修先生も書籍でお話ししていますし


 

個人的にもそう思います

 

不安や焦る気持ちもあるとは思いますが

処置を一度始められた患者さんは継続することが大事ですので

頑張って続けてください

f:id:mogitateentjp:20170429232840j:plain