Bスポット療法士のブログ

慢性上咽頭炎とはどのような病気なのか?その治療であるBスポット療法とはどのようなものなのかをお伝えするブログ

分子栄養学実践講座でBスポット療法ーいとう耳鼻咽喉科の伊藤宏文先生

いよいよ実践講座(宮澤賢史先生主宰)でBスポット療法の講義✨

 

これは絶対外せない‼️と出席~

 

 

 

栄養療法を一部取り入れている身としては…

伊藤宏文先生は

耳鼻科医で!

Bスポット療法をやってて❗️

栄養療法もやってる‼️

 

茂木立の一歩も二歩も先行ってる先生で✨

もちろんネット検索で以前から個人的には存じ上げてて〜

 

そうそうトゥーンワルトは伊藤宏文先生のサイトで知ったし

 

 

 

f:id:mogitateentjp:20170622164908j:image

 

塩化亜鉛のみならず塩化マグネシウムでBスポット療法されている‼️

 

さすが

前から亜鉛も大事だけど

宮澤先生の講義でマグネシウムの大事さも勉強し

 

マグネシウムをどうにかBスポット療法に取り入れられないかなぁ〜

と思っていたら

 

 

流石❗️伊藤先生

講義受けて良かった〜

f:id:mogitateentjp:20170622205820j:plain

(本音は…やられたぁ〜、先こされたぁ💧だけど…)

 

まあやっぱり日本には優秀な先生多いんで

当たり前なんだけど…

 

センスは医者それぞれで~

 

得意分野それぞれあるだろうし~

いろんな医者の叡智が集まって~患者さんが治れば~いいのだ!

 

 

多分今回の実践講座の参加者で一番為になったのは…

自分だな

 

Bスポット療法についての講義は~

田中亜矢樹先生のしか聞いたことないので~ほんと為になった

 

 

 

 

耳鼻科医が

「後鼻漏」の訴えで考える疾患の論文

伊藤先生もご紹介されてて…

 

自分も大学病院時代に読んでて

 

今の自分は違うけど

多くの耳鼻科医はこう考えてるんだよね〜って思った

(次のブログでご紹介する)

 

けど今は

「後鼻漏」「のどの違和感(もしくは咽頭痛)」が1.5ヶ月以上続いたら〜

 

慢性上咽頭炎

 

って考えるけどね

 

 

 

話戻って伊藤先生とご挨拶出来て〜

 

講義にあった塩化マグネシウムの鼻うがいの詳細も聞けたので〜

 

どうかなぁ

ハナクリーン、ミサトール、サイナスリンスに加え塩化マグネシウムの鼻うがいは〜

 

栄養療法の観点からすると〜

1番効果あるかな…

特に疲労系疾患の患者さんで慢性上咽頭炎併発してる場合は

マグネシウム鼻うがいをお勧めしようと思う

 

 

 

滅菌精製水100~150ccに

高濃度マグネシウム液(ニューサイエンス)を5〜10滴

 

高濃度マグネシウム液はもぎたて耳鼻科でも買えるようにするけど

 

ネットで買いたい場合は〜下記